北見山岳会/KAC kitami alpine-club

北海道北見市に本部を持つ山岳会のブログです。

上川岳 1884m

2020.8.24(月) 晴れ 黒岳~凌雲岳~1973岩峰~上川岳

メンバー T地 T橋

6:45登山口~7:45黒岳~8:05石室~9:45凌雲岳~10:10コル~1973岩峰10:25~11:15上川岳

11:30上川岳出発~12:15 1973岩峰~13:50石室~14:10黒岳~15:55登山口

 

凌雲岳の先にあるギザギザ(1973m岩峰)は黒岳ロープウエイから見るとよく目立つ。その先にある上川岳に沢から一度は行きたいと思っていたが、T地さんの黒岳~凌雲岳から行こうという提案で尾根から目指す。

f:id:kac-yama:20200916065526j:plain

黒岳から見る 凌雲岳~上川岳の稜線

天気は快晴。6:00頃層雲峡についたら寒い。フリースを着て6:20のゴンドラに乗る。リフトを降りる頃には暑くなってくる。黒岳石室のテント場から白水沢に下り、北鎮岳に向かって裾をまきながら沢を歩く。藪のほとんど切れているところを見つけ急斜面を登る。雪のない時期の凌雲岳は初めて。白水沢の脇はお花畑。ミヤマリンドウが一面に咲いている。熊の糞が何か所もあった。T地さんは初凌雲岳。

f:id:kac-yama:20200916070627j:plain

凌雲岳 山頂

1973m岩峰に向かい広いコルまでガレ場をけっこう下る。コマクサが咲き残り、ナキウサギの声が聞こえた。1973m岩峰は近くで見てもどこを登るのか?と思うほど岩が切り立っている。白水側がルートと聞いていたので、慎重に登り下り、ハイ松を踏み台にしたり、岩の間をくぐったりする。

f:id:kac-yama:20200916071942j:plain

凌雲岳を下る

f:id:kac-yama:20200916072147j:plain

登れるように見えない・・・

f:id:kac-yama:20200916071900j:plain

白水側から巻く

f:id:kac-yama:20200916072848j:plain

岩とハイ松のミックス

岩峰を超えても上川岳まで岩と藪のミックスでサクサク歩けない。下を見ると白水沢沿いの水蒸気の噴き出ているのが見える。愛別岳、北鎮、桂月岳はいつもと違う角度から見ることができたので行った価値があった。帰りは来たルートを戻り、凌雲岳は登らずハイ松に当たらないよう右を巻いて登りのルートに合流した。この日はとにかく暑かった。(記:T橋)

 

f:id:kac-yama:20200917003921j:plain

上川岳 山頂

f:id:kac-yama:20200917004103j:plain

歩いてきた稜線と凌雲・北鎮

f:id:kac-yama:20200917004424j:plain

黒岳