北見山岳会/KAC kitami alpine-club

北海道北見市に本部を持つ山岳会のブログです。

北稜岳 1256m~喜登牛山 1312.2m

■日時・天候
2019年11月17日(日) 天候 晴れ
■メンバー
O関
■タイム
登山口(8:30)→取り付き(9:00)→北稜岳(10:00)→喜登牛山(13:00)→北稜岳(15:00)→下山(16:00)
登り:4時間30分 下り:3時間

■所感
当日はどこの山も強風で天気が良くない、こんな時は道東の藪山で遊ぶのが一番です(^^) そんなわけで、未踏の山から北稜岳をチョイス。この山だけだと物足りないので、喜登牛山まで縦走しました。
積雪は僅かなので、登山口まで車で入る。山の中も足首くらいの深さなので、ツボ足でサクサク登れる。登山道はしっかり整備されていて歩きやすく、予定通り北稜岳の山頂に到着。山頂からの眺望は良好だった。ここからが本番、藪を漕いで喜登牛山を目指す。藪は薄いものの、倒木が非常に多いため、跨いだり、潜ったりで、まったくスピードが上がらない。なんでこんなに木が倒れてるんだろう・・・ 爆撃でもされたのかな?
倒木密度は稜線上のコルと喜登牛山の山頂直下がひどかった。何度か倒木に足をぶつけたが、沢用のヒザ当て、スネ当てを準備していたので、痛い思いをせずに済んだ。
そんなこんなで、無事に喜登牛山に到着し、一等三角点にタッチ。かつては1時間ほどで登れたそうですが、現在は林道崩壊により、登りごたえのある山になってます。
眺望は無いので早々に下山、満水川を下ることも考えましたが、安全第一?で来た道を戻りました。倒木すごいけど(^^;) (記:O関)

f:id:mu2ko:20191218145922j:plain

眺望は良好(^^)

f:id:mu2ko:20191218145946j:plain

東三国山

f:id:mu2ko:20191218150014j:plain

喜登牛山🐮

f:id:mu2ko:20191218150035j:plain

ギアナ高地(クマネシリ)

f:id:mu2ko:20191218150053j:plain

喜登牛山

f:id:mu2ko:20191218150119j:plain

倒木しすぎー 爆撃でもされたのかな?