北見山岳会/KAC kitami alpine-club

北海道北見市に本部を持つ山岳会のブログです。

笠山 1282m

2019年1月14日(月曜日) 天候 快晴
メンバー Y本、T地(スノーシュ組)

登り1時間50分、下り40分


C1178mまでスキーのトレースが残っており、それを使わせてもらう。その後も足首〜脛くらいのラッセルで楽である。快晴無風で展望が良い。スキーで滑るにはブッシュが出ていて雪不足のようだが、スノーシューにはちょうど良い積雪量。(記 T地)

f:id:mu2ko:20190130174249j:plain

f:id:mu2ko:20190130174327j:plain

f:id:mu2ko:20190130174404j:plain

 

メンバー:A池、T橋(K)(スキー組)

 

T地さんたちに遅れて出発。トレースをたどるが、ここは登り始めから急斜面。
他に誰もいないのは?昨年は結構いたのに。細かいジグを切るトレースから1008mのポコへ。
この先は細尾根で歩きにくい。途中札幌から来たという3人組に抜かれる。尾根からは天塩が真っ白に見え表大雪、ほかぐるっと山が見えきれいだ。途中下りてくるT地さんたちに遭遇。やっぱり早い。山頂手前の沢を滑る予定が
山頂からの尾根を滑り登り返す。雪が少なく昨年の斜面もなんだか木がうるさそうで滑らなかった。
下りも来たルートを降り、1008mのポコから沢筋を下りるが、雪が少なくぼこぼこ。最後は沢の開いているところもあり
トラバース気味に降り道路に着いた。山日和なのにスキーには物足りない日だった。
(記:T橋)