北見山岳会/KAC kitami alpine-club

北海道北見市に本部を持つ山岳会のブログです。

羅臼岳(1661m)~南西ルンゼ~ 

  • 2014/10/12(日)晴れ   ●メンバー inoue・政子・M越・moco・S貝
  • タイム  5:30知床峠(笹の海の中涸れ沢をたどる)→6:30Cot810涸れ沢から抜ける→8:00Cot1000→9:50cot1300ルンゼ入口→10:50ルンゼ抜ける→11:15山頂→12:15羅臼平→15:00木下小屋

 藪漕ぎ南西ルンゼ。三度目の正直でやっと登頂できた。知床のハイマツが凄まじいという事は山屋ならみんな知っている。しかし羅臼岳南西ルンゼにあがる途中のハイマツはどうにもならないほどではないのだ。北見山岳会の先輩達は昔行ったことがあるのだ。

 最初は笹の海だ。しばらくすると赤イ川源頭の沢型に入る。しかしこの沢は800くらいから大きく左に曲がる。方向がずれてしまうので沢から出る。天気が良くてルンゼが見える。コンパスを合わせて再び笹の海へ。まもなく笹が終わり、低灌木とダケカンバの林になる。900位からハイマツ帯に入る。ハイマツはやっぱりきつい。下から見て褐色に見える部分と緑色に見える部分がある。緑色はハイマツだ。褐色はおそらく低灌木の林だろう。

f:id:ki1547m:20180404120115j:plain

f:id:ki1547m:20180404120133j:plain

 褐色の林を目指す。ハイマツの合間から見えるルンゼが素晴らしい。うっすらと雪化粧している。灌木は上に行くほど背が低くなり歩きやすくなるが、すぐにガレ場になって滑りやすくなる。落石が危ないのでなるべく皆くっついて歩く。

f:id:ki1547m:20180404120154j:plain

 ルンゼに入る。振り返ると雲海の切れ間に羅臼湖とその奥に知西別岳が見える。ルンゼを抜けたら小さなハイマツを踏んで頂上直下の岩場に。氷の張りついた岩を登ったら、たくさんの登山者で賑わう山頂に出た。

f:id:ki1547m:20180404120213j:plain

f:id:ki1547m:20180404120230j:plain

f:id:ki1547m:20180404120249j:plain

f:id:ki1547m:20180404120307j:plain

f:id:ki1547m:20180404120321j:plain

f:id:ki1547m:20180404120333j:plain