北見山岳会/KAC kitami alpine-club

北海道北見市に本部を持つ山岳会のブログです。

藻琴山雪洞訓練

  • 2016/3/12(土)  ●参加者 sigiyama・TN・Osuga・OM・静・優・yoshida

 6名が普段になく夢中になって雪洞造りに取り組む。 今のシャベルは柄を組替すると鍬型の形状になるものが開発されて、非常に効率よく穴掘りができる。先頭の掘り込み隊が、スノーソーで切り込んだブロック状の雪や砕けた雪を、 後方隊が鍬型用具でかき集め、その雪を更に後方に送り出してく、流れ作業である。

f:id:ki1547m:20180330114929j:plain

 都合良い事に鍬型が2台有った事で、楽に雪を外に出す事が出来て作業スピードも早かった。 しかも、天井仕上げで表面を凹凸のない滑らかにする時も、床を平らにする時にも使った。 寝床の大きさ.形.天井高全てに良くできている。 

f:id:ki1547m:20180330114949j:plain

f:id:ki1547m:20180330115002j:plain

f:id:ki1547m:20180330115021j:plain

 最後に棚を造り換気口を開けて、入口の間口を狭めて完成。 しかしテント設営に比べると雪洞を完成までに要する時間は1時間40分。大変な雪洞造りではあったが、 初めて体験した者は面白く楽しいものであったのではないかと思われる。完成した雪洞も立派なもので、皆が仕上がりに満足していると思う。今宵は雪洞組と小屋組に分かれて一夜を過ごす。  <S>

f:id:ki1547m:20180330115043j:plain

f:id:ki1547m:20180330115053j:plain