北見山岳会/KAC kitami alpine-club

北海道北見市に本部を持つ山岳会のブログです。

836m峰(弁勲嶺)

●2015/10/18(日)晴れ  ●メンバー S山・M越・N井・Y本・TN・OM・T口

     <タイム>出発7:50小沢取付8:40山頂10:15~11:05.842m峰12:00下山13:15


 弁勳嶺は道東・標津町、武佐岳(1006m)の北に位置し、一等三角点のある山。点名を「弁勲嶺(ペクンネ)」という。北海道の一等三角点の山で標高が69番目の山になる。 

 入山口までの林道は心配した倒木も無く、冶山ダムに駐車。ダムからは、かなりの水量が流下していたが、今日のメンバーなら大した問題は無い。躊躇する事無く出発。

f:id:ki1547m:20180330163641j:plain

          ソウキップカオマナイ川を行く

 

 流れの浅い所を探し登渉しながら進む。登山ルートの小沢はGPSで確認して取付く。先頭は終始S山さんかM越さん。二人は絶えず藪の薄い所を先導、スムーズに山頂を踏む事ができた。

f:id:ki1547m:20180330163716j:plain

             ペクンネの窓?

 頂上直下のキレットを通過、岩山の怖さも(高所恐怖症は僕だけ、皆さんは楽しんでいる様子。さすが一等三角点の山、山頂の展望は素晴らしい。天気も良いしかつ暖かく、ついつい長居をする。帰り道は此処より少し高い842m峰を通って行く。笹とハイ松で結構難儀、傾斜もきつく思ったより時間が掛かった。 (T)

f:id:ki1547m:20180330163804j:plain

     尖峰(手前)とその後ろに武佐岳の頭がちょこんと見える

f:id:ki1547m:20180330163829j:plain f:id:ki1547m:20180330163843j:plain

              頂上に一等三角点

f:id:ki1547m:20180330163905j:plain

         842m峰の登りから弁勲嶺を振り返?って