北見山岳会/KAC kitami alpine-club

北海道北見市に本部を持つ山岳会のブログです。

~北ア 爺ケ岳(2670m)・鹿島槍ヶ岳(2889m)

・2014年10月8日(水)晴れ 

柏原新道〜種池山荘〜爺ヶ岳南峰〜爺ヶ岳中峰〜冷池山荘泊 行動時間 6時間40分

 

 憧れの鹿島槍に行ことに決めたが、時期も遅く2日前には雪も積もったとの情報があり、キレット越えの縦走は諦めた。扇沢の市営駐車場は無料で、トイレも近くにあり、車中泊をする。朝には車が一杯になっていた。雲ひとつ無い綺麗な青空に紅葉が綺麗。柏原尾根の登山口から石の階段で歩幅が合ってとても歩きやすい。ジグを切りながらゆっくり登る。

 

f:id:ki1547m:20180403203433j:plain f:id:ki1547m:20180403203445j:plain

 1500m位からはすでに紅葉は終わり、何も見るものがない。扇沢のトローリーバスの総合ターミナルがずっと見えている。雲ひとつない綺麗な青空、針ノ木岳が見え始める。9時過ぎには扇沢にガスが発生し始める。

 柏原尾根を登りきると種池山荘に着き、雲の中から剱岳が見え隠れしている。爺ヶ岳に登っている途中からは、すっきり見え始め、針ノ木岳から立山、大きな剱岳が間近に見える。針ノ木岳から槍ヶ岳まで一望出来るが遥か遠い。

f:id:ki1547m:20180403203509j:plain f:id:ki1547m:20180403203524j:plain

 爺ヶ岳の直前にはライチョウが2羽日向ぼっこをしている。爺ヶ岳南峰、中峰、今晩の宿泊先の冷池山荘そして鹿島槍の登山ルートが明瞭に見えるが、時間と共にガスが上がってきて剱岳立山も見えなくなる。 冷池山荘に着くと、外のベンチで、皆笑顔でビールを飲んでいる。

f:id:ki1547m:20180403203550j:plain f:id:ki1547m:20180403203607j:plain

 18日で小屋じまいだが、8月に天気不良でビールが残り、ビール中ジョッキーが900円の所を500円で販売されていた。太陽が暑く、ビール日和だった。テン場は10分くらい登ったところにあり、600円、トイレは山荘にしかない。素泊まり6300円。水1L付いている。不足時は500mlで100円。私達は素泊まりで、玄関横の暗い部屋が自炊室になっていた。

f:id:ki1547m:20180403203628j:plain f:id:ki1547m:20180403203642j:plain

 

・10月9日(木)晴れ

    冷池山荘〜鹿島槍ヶ岳〜冷池山荘〜爺ヶ岳トラバース〜種池山荘〜柏原新道 

    行動時間 7時間50分

 昨夜は皆既月食で月が赤く見えていた。冷池山荘の前の小高い所から5時50分に朝日を臨み、小屋に荷物を置いて空身で出発。朝から風が強いと思っていたら、テン場は風の通り道で強風がまともに当たっている。しかし、ロケーションは最高。剱岳もバッチリ見えている。

f:id:ki1547m:20180403204002j:plain f:id:ki1547m:20180403204017j:plain

 天気は良いが風が強く寒い。所々に霜柱が立っている。山頂からの眺めは素晴らしく、槍ヶ岳から針ノ木、立山連峰五竜岳から白馬槍ヶ岳、白馬岳、その先まで。山頂には笑顔の素敵な青年が、静岡の海岸から南アルプス〜中央〜北アルプス(涸沢から槍ヶ岳そして針ノ木岳)〜後立山朝日岳日本海に抜ける。後3〜4日で到達と話していた。すご〜い!10分後には槍は雲の中に隠れてしまい、徐々に剱岳まで全部ガスの中になってしまった。

f:id:ki1547m:20180403204032j:plain f:id:ki1547m:20180403204046j:plain

f:id:ki1547m:20180403204106j:plain f:id:ki1547m:20180403204121j:plain

 山は早出が一番!種池山荘まで下山しながら、尾根伝いに針ノ木岳まで行こうか迷ったが、既に新越山荘は閉鎖され、アイゼンや冬山フル装備を持っての荷物は重く、素直に柏原新道を下山することにした。 天気は良いが、長い長い下りで疲れたが、アザミ沢にラズベリーが赤い実を付け、美味しく唯一癒してくれた。