北見山岳会/KAC kitami alpine-club

北海道北見市に本部を持つ山岳会のブログです。

日高山系・沙流岳(1422m)〜日勝ピーク(1445m)

  • 2014/2/2  ●メンバー  Y澤・OM 
  • タイム 8:02 トンネル→9:34 稜線上c1360→10:19 北東コル→10:57 沙流岳 11:25→(南東斜面滑降)→11:44 元伊勢川左股の橋(c1005) 12:03→12:38 元伊勢川右股の橋(c1010)から取付→14:17 日勝ピーク 14:38→(北斜面滑降)→14:51 トンネル沙流岳まで2:55 日勝ピーク南斜面登返1:39 総行動時間6:9(すべて休憩含)

 日勝トンネルから沙流岳までは堀ゲレンデを経由するトラバースルートをとった。 天気予報は午前中はもちそう。青空の下、振り返るとウペペ〜ニペソツ、大雪〜十勝、芦別山群、熊見〜双珠別…堀の尾根に上がると風が出てくる。そそくさと再び右の樹林帯へ…まもなく稜線となり、前方に沙流の白い三角が見えてくる。

 このあと単独の男性Kさんが追いついてきて行動をともにする。コルから見上げる山頂は高く、急に見えたが案外すぐに着いた。南西側のペンケヌーシが一際高く、雲を纏っていた。 山頂からは真っ白い東〜南東斜面を標高差400m滑降し、林道の橋へ当てた。 

 元伊勢川沿いの林道を使い、南斜面を登り返し日勝ピークに立つと雪が降ってきた。最後に北斜面上部は東側の沢筋を下部は西側疎林帯の滑降を楽しんだ。 <Y澤>

f:id:ki1547m:20180413110940j:plain

         左からニペソツ、丸山、東丸山、ウペペ

f:id:ki1547m:20180413111002j:plain

              堀ゲレンデの尾根に上がる

f:id:ki1547m:20180413111022j:plain

        雪庇の稜線の向こうに沙流が聳える。雲が出てきた

f:id:ki1547m:20180413111046j:plain

           沙流本体を登る。中央が山頂部

f:id:ki1547m:20180413111107j:plain

              山頂直下。もう一息

f:id:ki1547m:20180413111131j:plain

f:id:ki1547m:20180413111147j:plain

   辿ってきたトレース。右に日勝ピーク。左奥に熊見山。白い筋は国道