北見山岳会/KAC kitami alpine-club

北海道北見市に本部を持つ山岳会のブログです。

有明山 湧別川 遡行

2020年8月16日(日)曇り→晴れ
7:35出発地点→8:25入渓地点→12:40有明山山頂13:20→13:55天狗岳山頂14:15→16:10北大雪スキー場ロッジ
メンバー O関、O島、T谷
 
北大雪スキー場ロッジにクルマをデポし、国道333号の湧別川沿いの林道から歩き出す。朝は小雨が降っていたが、予報では晴れる予定。林道は一つ目の橋で路側帯が崩壊しており車の通行は不可能。

f:id:kac-yama:20200829165556j:plain

林道崩壊

二つ目の橋の手前で林道を左に進むのだが、やぶが濃くて道が見つけづらかった。その後も湧別川沿いの林道は続いていたが、点線からはかなり藪に覆われていて歩くのがしんどいので、早々に湧別川へ入渓した。(730m)

f:id:kac-yama:20200829170201j:plain

藪が濃くなったら入渓


湧別川は危ないところがなく、沢登り初心者に優しい川だった。最後は階段状の滑滝で源頭部となり、10分ほどのやぶ漕ぎで有明山の山頂に到着した。

f:id:kac-yama:20200829171758j:plain

優しい小滝

f:id:kac-yama:20200829171928j:plain

源頭部の滑滝

今回の山行は冬にスキーで湧別川を滑ることができるのか?その調査も兼ねていたが、大きな滝もないので滑降可能と思われた。しかし、大きな雪崩の跡があったので要注意である。

f:id:kac-yama:20200829172605j:plain

有明山から天狗岳へ縦走

天気は晴れてきたがあまり展望は良くない。登山靴に履き替えて天狗岳へ縦走する。天狗岳山頂は展望よく絶景だった。ニセカウがやけにかっこよく見える。平山は平たく、アンギラスはギザギザだ。

f:id:kac-yama:20200829172924j:plain

天狗岳から北大雪を一望する


下山は北大雪スキー場を利用する。リフト乗り場は木の床が傷んでいて危険なので近づかないようにしましょう。(記:T谷)

 

f:id:kac-yama:20200829173323j:plain