北見山岳会/KAC kitami alpine-club

北海道北見市に本部を持つ山岳会のブログです。

下の廊下

下の廊下
2019年10月9〜10日 天候 快晴
メンバー Y本、T地
9日 黒部ダム8時05分〜阿曽原温泉14時35分
10日 阿曽原温泉6時40分〜黒部ダム12時40分
当初の予定では台風とぶつかり帰宅出来ない可能性高いため、急遽7日に予定変更を決め、飛行機や宿、小屋の変更をした。
9日は扇沢から朝一の電気バスに乗り黒部ダムへ。朝食を食べていなかったのでダムにある出店で焼きそば、炒飯食べてスタート。2時間強は普通の登山道っぽい道を行く。その後ようやく下の廊下の雰囲気が出てくる。去年、水平歩道を歩いたのでさほど怖さは感じない。思ったより道幅もある。番線を取り付ける工事中に熊に襲われたらしく工事は途中のまま放置されており番線が付いていない部分あるが、注意して歩けば問題ない。
紅葉は全くなく木々は緑。天気は良かったがそこが少し残念。
白竜峡やS字峡は息を呑む美しさ。
数日前に渡渉で事故のあった別山谷出合は、確かに増水したら渡渉はかなり困難になりそう。
二箇所、壁からの滝の水をかぶりながら歩く所あり。傘が欲しいな…と思ったが、みんな濡れながら進んでいる。
阿曽原温泉小屋は、布団1枚に1人で寝やすかった。
10日は、ゆっくり朝ごはんを食べて、また黒部ダムへ。同じ道のピストンだが見る方向が変わり景色も違って見える。
たくさんの人が阿曽原温泉を目指して歩いており、スライドする時に危険がないよう気をつけた。
この日も快晴なので早く下山してアルペンルートで室堂へ行くことにした。
次の日になって10日午後に東谷吊橋のダム側で転落死亡事故があったらしいことを知る。確かに下の廊下はちゃんと整備されているが、転倒や足を滑らせたら落ちる。
3度目の挑戦でようやく下の廊下、水平歩道を歩くことが出来良かったです。
今度は紅葉の綺麗な時期に下の廊下の核心部のみを日帰りでピストンしたい。(記 T地)

f:id:mu2ko:20191115170746j:plain

f:id:mu2ko:20191115170804j:plain

f:id:mu2ko:20191115170820j:plain

f:id:mu2ko:20191115170830j:plain

f:id:mu2ko:20191115170853j:plain

f:id:mu2ko:20191115170905j:plain

f:id:mu2ko:20191115170917j:plain

f:id:mu2ko:20191115171109j:plain

f:id:mu2ko:20191115170929j:plain

f:id:mu2ko:20191115170941j:plain

f:id:mu2ko:20191115170953j:plain