北見山岳会/KAC kitami alpine-club

北海道北見市に本部を持つ山岳会のブログです。

奥大日岳(2606.1m)、中大日岳(2500m)、大日岳(2501m)

奥大日岳(2606.1m)、中大日岳(2500m)、大日岳(2501m)
2019年8月27日(火曜日) 天候 晴れ
メンバー Y本、T地、会員外1名
4時50分剣山荘〜8時20分奥大日岳〜9時30分中大日岳〜9時50分大日岳〜大日岳登山口13時25分
まだ薄暗いうちに小屋を出発。まずは左手に日の出を眺めながら劔御前小舎への登り返し。別山乗越からは室堂を眼下に見ながら下る。

f:id:mu2ko:20190910161956j:plain

f:id:mu2ko:20190910162007j:plain奥大日岳からは剱岳の大展望。早月尾根もよく見える。途中、鎖、ハシゴはあるが特に危険な場所はない。大日小屋にザックを置いて大日岳へピストン。大日岳からはぐるり360度の展望。日本海も見える。

 

f:id:mu2ko:20190910162021j:plain

f:id:mu2ko:20190910162035j:plain

f:id:mu2ko:20190910162050j:plain

f:id:mu2ko:20190910162108j:plain

f:id:mu2ko:20190910162319j:plain

f:id:mu2ko:20190910162331j:plain

f:id:mu2ko:20190910162351j:plain

大日小屋から登山口へ下山。途中に大日平(ラムサール条約登録湿地)があり長い木道あり。木道が終わると鎖、ハシゴ、岩を削った階段、急坂など気が抜けない。この登山道から大日岳へ登るのは大変だと思う。かなり高齢な単独女子が登っていたから頭が下がる。

f:id:mu2ko:20190910162402j:plain

f:id:mu2ko:20190910162414j:plain

f:id:mu2ko:20190910162427j:plain

f:id:mu2ko:20190910162455j:plain

バスまでに時間があったので称名滝を見学。落差日本一らしく素晴らしい滝。一見の価値あり。14時05分のバスに乗り立山へ。(記 T地)

f:id:mu2ko:20190910162505j:plain