北見山岳会/KAC kitami alpine-club

北海道北見市に本部を持つ山岳会のブログです。

武利岳 1876m・武華山 1759m

■日時・天候
2019年4月21日(日) 天候 晴れ
■メンバー
O関 単独
■タイム
林道(5:40)→登山口(6:40)→稜線分岐1747m(8:30)→コル(9:30)→武利岳(11:40)→武華稜線(14:20)→武華山(14:40)→滑降開始(15:00)→登山口(15:20)→下山(16:30)
登り:6時間 下り:4時間50分
行動時間:10時間50分

■所感
以前は日帰りで登れていた山も、林道や登山道の崩壊により遥かなる山が増えています。武利岳も丸瀬布側の登山道を使えば3時間で登れていましたが、現在ではアプローチに使う林道が全て崩壊しているため、遥かなる山となっています。そこで条件の良い残雪期に、日帰りで武華岳からの縦走で武利岳を目指すことにしました。
林道を3kmほど歩いて武華山の登山口へ、1ヵ所だけ林道が大きく崩壊してますが、スキーでトラバースして通過する。夏道の尾根を登り武華の分岐まで上がると視界が広がり、東大雪・表大雪・北大雪の山々を一望できた。ゆっくり景色を楽しみたいが、武利までは遠いので、のんびりはしていられない。ハイマツが出始めている尾根をコルまで300mほど落とし、100m登り返したところでスキーをデポする。稜線上はところどころ夏道も出ており、残雪箇所での踏み抜きもほとんどなかった。ハイマツもうるさくなかったので、想定していたよりも歩きやすく、なにより快晴の稜線歩きは最高でした(^^) 頑張って武利岳まで歩いてよかった。
帰りは武華山に寄り道して、ここから滑降する。良いザラメ雪で気持ち良く滑ることができた。(記:O関)

f:id:mu2ko:20190528165635j:plain

林道からスタート

f:id:mu2ko:20190528165836j:plain

崩壊地点、土をトラバース

f:id:mu2ko:20190528170008j:plain

前ムカはハイマツの海

f:id:mu2ko:20190528170020j:plain

 

f:id:mu2ko:20190528170032j:plain

武華が遠くに・・・帰りが大変

f:id:mu2ko:20190528170101j:plain

武利の稜線、天気良いので楽しい

f:id:mu2ko:20190528170117j:plain

f:id:mu2ko:20190528170127j:plain

f:id:mu2ko:20190528170138j:plain

ザラメ天国でした(^^)