北見山岳会/KAC kitami alpine-club

北海道北見市に本部を持つ山岳会のブログです。

樽前山 支寒内(シシャモナイ)コース

12/15(土)

メンバー:K城、他1

時間:登山口出発8:10→11:55西山頂上12:20→15:00下山 

11月中旬で樽前山への一般の道(樽前ヒュッテ経由)は閉鎖されたので、
別の支笏湖畔からのルート「シシャモナイ」コースから行った。

 苫小牧に来てからは、毎年行く冬季ルートで、崩落前の「苔の洞門コース」の夏道と基本的には一緒。
現在は危険とのことで通行止めで、右岸沿いにある林道から行く。
いつものとおりラッセルを覚悟していたが、今回は雪が少なくてとても楽。
登山口で十数センチ、上でも30cm程度だった。
 なぜか2時間以上も登った標高600mを過ぎたところに、バス停樽前山」がある。何回来ても、これだけは不思議。
このルートは静かでなかなか良い。ほとんど他の登山者には会わない。
林道を1時間歩くと森の中へ。最後の急登はいつもはガリガリだが、凍ってなくスノーシューで問題なく登れた。

f:id:mu2ko:20181226124609j:plain

f:id:mu2ko:20181226124625j:plain



 西山山頂からの展望は360度、素晴らしい。
樽前の溶岩ドーム、フップシ岳、徳舜岳、恵庭岳が眼前にある。南には太平洋が見渡せた。

f:id:mu2ko:20181226124734j:plain

f:id:mu2ko:20181226124747j:plain