北見山岳会/KAC kitami alpine-club

北海道北見市に本部を持つ山岳会のブログです。

東三国山 1230m

■日時・天候
2018年10月21日(日) 天候 晴れ
■メンバー
O島、O関、他1名 計3名
■タイム
駐車地点(7:50)→直登沢1000m(9:00)→山頂(9:50)→下山開始(10:00)→下山(11:20)
登り:2時間 下り:1時間20分

■所感
置戸の東三国山に登ってきました。岩松に行く、一級林道を左に曲がると東三国山に行けます。名前の由来は、かつての北見国、釧路国十勝国の境界の山とのこと、現在は置戸町、陸別町足寄町の3町の境界の山です。地理的に重要な山のようです。
林道は標高700mまで車で入れます。林道と作業道をつなぎながら歩けるので、直登沢まで藪漕ぎなく歩けました。沢の中はリンゴ畑で倒木や枝がうっとおしいですが、沢は苔むしていて良い感じです。山頂部は胸くらいの笹で覆われいましたが、目印の棒が立っていたので三角点は簡単に見つけられました。眺望はないので長居は無用! 早々に下山しました。(記:O関)

f:id:mu2ko:20181106162241j:plain

f:id:mu2ko:20181106162317j:plain

f:id:mu2ko:20181106162413j:plain