北見山岳会/KAC kitami alpine-club

北海道北見市に本部を持つ山岳会のブログです。

リビラ山 1291m

10月14日(日)リビラ山 1291m 晴れ T橋 他1名
7:25 林道3.5km地点→7:38 沢底→8:14 420二股(左) 8:25→9:00 630 9:09、左岸斜面→
9:31 750、取付→10:39 樺司山 10:56→11:48 リビラ山 12:21→13:00 樺司山→
13:37 760沢→13:45 690左岸→14:21 420二股→14:51 左岸林道→14:59 車
/登り4:23 下り2:38 総行動時間7:34
※ヌモトル林道ゲート~車留め 3.5km
夏山ガイドにも載ってますが、林道が崩れて荒れているとのころで、なかなか行けずにいた。ヌモトル林道のゲートは鍵が開いている。
だいぶ林道が長いのでほっとした。林道はそれほどひどくはないが、あまり車が通らないのか草ぼうぼうで、3.5キロ入ったところ林道に亀裂でここで車は終わり。ここから30分ほどで林道がなくなり河原に下りる。石ゴロゴロで歩きにくい。紅葉がきれいだ。

f:id:mu2ko:20181106161001j:plain

二股を左に進み斜面に取りつくとピンクテープが何か所か出てくる。ここからは急な斜面、段々笹がかぶり足元の登山道を見つけながら登る。途中何か所も急斜面にはトラロープがある。やっぱり日高、きつい登り。ようやく樺司山に着くと三角点が木の間にあり、リビラ山の手前のポコが見える。
一度下がりまた登り返して登ったポコのすぐ先にようやくリビラ山。山頂はなだらか。新しい看板でそれなりに人が登っているようだ。

f:id:mu2ko:20181106161039j:plain

f:id:mu2ko:20181106161108j:plain


イドンナップのときに通った新冠湖(クリオネ)が見え、その奥には新冠富士。イドンナップは雲の中で、幌尻も山頂は雲が取れない。
暖かく穏やかな日で夏のよう。南にあるのでまだ雪は見えない。
下りは笹をつかみながら急斜面を降り、なるべく河原へ下りないよう林道跡を探しながら下ったので、早めに下山できた。
小熊の足跡帰り道にありました。(記:T橋)

f:id:mu2ko:20181106161134j:plain