北見山岳会/KAC kitami alpine-club

北海道北見市に本部を持つ山岳会のブログです。

剣山(1205m)

2018年5月2日(水) 曇り メンバー Ku・KT  登山口(7:00)➡剣岳山頂(9:40~10:20)➡

           登山口(12:00) 登り 2時間40分、 下り 1時間20分

 楽古岳を予定していたが、前日に楽古岳登山口にある小屋を利用するのと、下見を兼ねて林道を車で走っていると、道の途中で突然ピンクテープが張られていた。道の左側は高い崖でコンクリートで固めてあるが、下の部分が崩れ消失しており、全体が非常に不安定な状態になっている。そのため、これ以上先に進むのは危険と判断して、行き先を芽室町の剣山へ変更。

 剣山の斜面には、雪渓がだいぶん残っているが、固く締まっていて踏み抜くことなく、歩きやすい。雪渓の上には、ちょっと前に通ったと思われる熊の鋭利な爪跡を発見。進む先々に熊の足跡が続いているため緊張するも、笛を吹きながら熊さんが回避してくれることを期待して登る。まるで熊さんも山頂を目指しているかのように足跡は続いていて、もしかすると山頂手前の梯子を登る熊さんを目撃するのではないかと二人で想像したが、その姿は確認できなかった。
 山頂はガスがかかり景色は挑めなかったが、私達以外は誰もおらず、ゆっくり昼食を摂ることができた。  <KT>

 

f:id:ki1547m:20180508164421j:plain

f:id:ki1547m:20180508164439j:plain

f:id:ki1547m:20180508164453j:plain

f:id:ki1547m:20180508164620j:plain