北見山岳会/KAC kitami alpine-club

北海道北見市に本部を持つ山岳会のブログです。

八内岳(944m)

・2018年4月18日(水)快晴 メンバーYoshida ・登り3時間10分 ・下り2時間24分

 

 山名辞典には「やつないだけ」とあるが、一般的には「やちないだけ」というようだ。山麓にヤチナイ川があるからそうなのか。私自身は「やないだけ」と思っていた。この山は積丹半島の南東端に位置している。

 登山記録を検索するといろいろあるみたいだが、どれも時間、距離も一長一短。車の止めやすい場所を考えて、国道5号・稲穂トンネルからのルートにした。ここも距離長くアップダウン多い。たっぷり4時間はかかると思ったが、凍った雪面が暖気でほどよく溶け、シールの効きがいいこと。
 尾根に乗ると何とも見晴らしが良い。最初のピーク、793m峰(3等三角点・累標岳・るべしべだけ)の登りから羊蹄山がデデーンと飛び込み、まっ白い雪を纏ったニセコ連山が尾根を左右に広げている。この景色を楽しみながら何とも贅沢な一日だった。

f:id:ki1547m:20180419095210j:plain

仁木町側から見た793m峰(累標岳)。見晴らしの良い山で、羊蹄、ニセコが一望できる

f:id:ki1547m:20180419095409j:plain

             793m峰の登りから羊蹄山

f:id:ki1547m:20180419095445j:plain

               こちらはニセコ連山

f:id:ki1547m:20180419095548j:plain

    793m峰(累標岳)から大下り、次の761m峰から望む八内岳(中央奥)

f:id:ki1547m:20180419095754j:plain

          段々八内岳が近づいてきたが、まだ遠い

f:id:ki1547m:20180419095849j:plain

  頂上手前の859m峰から振り返る。反射板のある793m峰から尾根を歩いて・・。

f:id:ki1547m:20180419100115j:plain

          さあ頂上までひと登り。15分くらいか

f:id:ki1547m:20180419100229j:plain

                頂上から積丹山塊

f:id:ki1547m:20180419100317j:plain

              積丹岳(右)と余別岳

f:id:ki1547m:20180419100402j:plain

         ニセコ山系、目国岳か雷電岳あたりか

f:id:ki1547m:20180419100513j:plain

        遠く山だけが浮かんでいた。狩場山だろうか

f:id:ki1547m:20180419100618j:plain

       頂上から羊蹄山。どこから見てもこの姿は変わらないね

f:id:ki1547m:20180419100720j:plain

         頂上から余市岳。右には無意根山も見えた

f:id:ki1547m:20180419101514j:plain f:id:ki1547m:20180419101532j:plain

スタート直後の林道斜面に設けられていた標石。「昭和七年 北海道」の文字。何だろうこの標石は・・