北見山岳会/KAC kitami alpine-club

北海道北見市に本部を持つ山岳会のブログです。

東ヌプカウシヌプリ (1080まで)

2018年2月24日(土) 天候 曇り時々強風

メンバー:O島、他1

9:50白雲山登山口→11:20 C1040からC810まで滑降登り返し→13:10 C1080→13:30下山

十勝から北見に帰る時にいつも左側に見えている斜面。初めて行ってきた。
最終除雪地点の白雲山登山口に車を停めて、山頂から真東に伸びる尾根を登るつもりだったが、両側の沢を見れるもう1本南の尾根を登った。
この尾根を登る時は、ヌプカの里の駐車場に駐車する方がよさそう。
1本目の沢を横切る際、雪崩跡が見えたためこの沢は滑降しない事にした。
時折突風が吹き、尾根はスリップしやすい霜系の雪で、下は固く登りづらかった為、山頂には行かず1本目滑降。沢のボトムはそこそこ滑りやすい。
登り返しは沢と尾根の間を登ると、雪質が違って登りやすかった。風も当たらない。眼下に士幌の畑が見える。沢自体の見通しが良いので2本目は標高差300を一気に滑走。
良い雪を当てるのは難しいのかもしれないけど、このロケーションと標高差はとても魅力なので、天気の良い日にまた行きたい。