北見山岳会/KAC kitami alpine-club

北海道北見市に本部を持つ山岳会のブログです。

天塩岳(1558m)

 

・2017年10月1日(日)  天候 晴れ ・メンバーT口・M越・Ozeki ・タイム天塩岳ヒュッテ(7:20)→旧道分岐(7:50)→ラクダ岩(9:20)→天塩岳(10:20)→分岐(10:40)→西天塩岳(11:05)→天塩岳避難小屋(11:45)→丸山(12:00)→登山口(13:20)

 旧道コースを使って天塩岳に登ってきました。天塩岳ヒュッテから分岐までの道は木々が落葉し、秋の木漏れ日が心地よい。旧道からは沢登りの様相となり、ラクダ岩まで沢沿いの道をへつったりしながら登って行く。途中に立派なスノーブリッジが残っていました。

 ラクダ岩の横で沢は終了し、そのまま山頂に直登する。山頂付近には雪がちょっとだけ積もっていました。大雪山を見ると雪が結構ついており、旭岳は真っ白。ニセカウも山頂部分は白くなっている。風が強いため早々に下山し、西天塩に寄り道。以前は夏道が無かった(?)そうですが、今は藪が刈られており楽に登れます。ピークは奥にあるため、ここだけ少しハイマツ漕ぎをする。

 山頂には標識もありました。西天塩から避難小屋への下りでは、念願のナキウサギを見ることができました。

f:id:ki1547m:20180323171259j:plain

f:id:ki1547m:20180323171132j:plain

f:id:ki1547m:20180323171321j:plain

f:id:ki1547m:20180323171343j:plain

f:id:ki1547m:20180323171402j:plain

f:id:ki1547m:20180323171417j:plain

f:id:ki1547m:20180323171441j:plain

f:id:ki1547m:20180323171500j:plain

 天塩岳の旧道は藪漕ぎもなく楽しいコースでしたが、沢沿いをずっと歩くため、天気が悪い日は行かないほうが良さそうです。

 待ちに待った冬山シーズンまであと1ヶ月、そろそろ道具の整備を始めます。あと、今年はビーコンもちゃんと買います(汗)   <O>