北見山岳会/KAC kitami alpine-club

北海道北見市に本部を持つ山岳会のブログです。

大雪山系・沼ノ原

●2015/01/10   ●メンバー S藤 

 

 連休初日、武華山へ向かうも国道(R39)から10Mの処に倒木がありすぐに諦めて高原温泉方面へ針路を変更する。

 銀泉台方面へは既に冬の通行止めだった。ヤンベ分岐からゲートを抜けて沼の原方面へまっすぐ進む、途中音更ノ沢、石狩沢への林道は土砂崩れのため通行止めになっていた。駐車場には車が1台も無く先行パーティは誰もいない。

 先日の雨で登山道はぐしゃぐしゃ状態なので長靴で正解だった。登山道は人の背丈ほど大きく抉れて一部沢登りの状況だった。このまま崩壊が進むと10年後にはいったいどうなるのか心配される。上部へ行くと登山道も先日の雪で真っ白だ、そこに鹿の足跡がくっきりと残っていた。           
 沼の原は風が強くトムラウシ山も雲の中だったが徐々に雲もとれ青空も見えてきたが石狩岳方面は相変わらず雲の中だった。沼の原からみる冠雪のトムラウシ山は圧巻だ、大雪の山々も真っ白、もうすぐ冬の眠りに入る。

f:id:ki1547m:20180330164140j:plain

              雲の中の石狩岳

 

f:id:ki1547m:20180330164208j:plain

            真っ白なトムラウシ山

f:id:ki1547m:20180330164358j:plain

             木道の奥に五色ケ原

f:id:ki1547m:20180330164419j:plain

            冠雪の大雪(白雲岳方?面)