北見山岳会/KAC kitami alpine-club

北海道北見市に本部を持つ山岳会のブログです。

ヤブ山三山 ~落船山(525m)・チセネシリ山(430m)・立牛岳(630m)~

  • 2015/9/22~23   ●メンバー yoshida

 好天に恵まれた連休、道北の三つのヤブ山に登ってみた。 一部で背丈を越すネマガリダケに悩まされたが、ヤブ山としては「まぁ、この程度であれば」・・とさほど困難さはなかった。怖いのはやはり〝ヒグマ〟。古いウンチはあったもののクマの気配は感じられなかった。ただ気づかなかっただけかもしれないけれど・・

 

<落船山(525.3m)> 一等三角点のある山。オチフネ川沿いの林道をゲートでストップ。 徒歩で約1時間取付き地点まで歩く。南斜面の小さな沢に入り、頂上を目指す。沢は水量少なく小さな滝も出てくるが長靴でも越せる規模のもの。

 水が切れ頂上直下の斜面から太いネマガリの洗礼。?き分け?き分け登るが両の腕が疲れる。 やっとこさ山頂に出るが、「お目当ての三角点は?」・・2~30分ほど探して見つける。帰路も同じルートを辿って車に戻った。

f:id:ki1547m:20180331083400j:plain

     近くの牧場から望む落船山(左) 

f:id:ki1547m:20180331083428j:plain

  小さな滝が現れるが問題ない(右)

f:id:ki1547m:20180331083455j:plain

  ネマガリの中を探してやっと見つけた三角点

 

<チセネシリ山(430m)> 地形図に載っていた山で、落船山下山後に時間があったので寄ってみた。取付き地点まで車が入ることができ、ほぼ真っ直ぐに山頂を目指した。倒木がうるさかったが40分ほどで山頂へ。ここには三角点は設置されておらず展望もないのですぐ下山にかかった。

f:id:ki1547m:20180331084005j:plain

以前登ったトーウツ岳。チセネシリは左側にあるがこの場所からは見えない

f:id:ki1547m:20180331084042j:plain f:id:ki1547m:20180331084054j:plain

チセネシリ山。目立たない(左) 下山途中に見えたトーウツ岳のピーク(右)

 

<立牛岳(629.9m)> 旧鴻之舞鉱山の西方に位置する山。一等三角点がある。南側に林道が東西に走り、白樺峠近くからルートをとってみた。藻別駅亭跡を過ぎて間もなくクチャナイ川沿いの林道に入る。 白樺峠まで約10kmと少し。割と走りやすい林道だ。

 峠下の土場に車を置き、水のない沢形から取り付く。コルに出た後、立牛岳と527mのコルに出て作業道を進んで行く。作業道は南東尾根を巻くように北東尾根に続き。後は斜面を登って北東尾根に乗る。尾根上は登山道のような獣道が頂上へと続いている。

f:id:ki1547m:20180331084141j:plain f:id:ki1547m:20180331084157j:plain

稜線に出ると歩きやすい獣道が頂上へ続く(左)  頂上の一等三角点(右)