北見山岳会/KAC kitami alpine-club

北海道北見市に本部を持つ山岳会のブログです。

斜里岳北尾根 

  • 2015/5/3~4   ●メンバー nishikawa・saito・政子・TN・Kei

 今年は大雪の割には連日の高温で雪融けが進んでいるとの情報もあったが予定通り北尾根を目指す。車は積雪で鹿止め(ダート)310Mまでしか進めずここからB/Cへ向かう。林間はあちこちに枝葉が散乱、雪融けが思ったより進んでいるのがうかがえる。B/Cから山頂を覘くと稜線は這松が青々して明日の登頂を拒むかの様子だ。皆で、展望のきく(830M)まで登り、明日のルートを確認し、B/Cへ戻る。   

         車止(310M)→B/C(790M) 2時間30分

f:id:ki1547m:20180402150239j:plain

 

  B/Cを出発し雪渓を繋ぎ繋ぎ上部を目指すも這い松やブッシュに行く手を挟まれ思うように高度上げる事が出来ない。途中、太陽に映し出された海別岳、羅臼岳が遠望出来たことはそれだけでも大きな力を貰ったような感動を覚えた。以前にGWに北尾根を登った時には残雪も尾根上にあり忠実に尾根を登攀して比較的容易に登頂することが出来た。それを思うと今回は随分と難義する、雪融けが早いと聞いていたがここまで進むとは想像以上だ。

 上部は雪渓が繋がっておらず岩場に回り込みながらも登頂を試みるもこれ以上は厳しくさらに這い松が続くことが確認される事からここ(1400m)から下山する。 <S>

         登り:6時間30分 下り:3時間15分

 

f:id:ki1547m:20180402150254j:plain

f:id:ki1547m:20180402150326j:plain

f:id:ki1547m:20180402150342j:plain