北見山岳会/KAC kitami alpine-club

北海道北見市に本部を持つ山岳会のブログです。

妙高山(2454m)

◆2014/10月19日晴れ ●メンバー W岡・mi  行動時間7時間(休憩込み)

 

 登山道はアイスバーンになっている。妙高山の下まで一旦下がり、真ん中の沢筋に沿って登るが、急登、氷でテラテラ。途中で下山して行く人もいた。両サイドの木や笹につかまりながら登るが、沢形が広くつかまるところもない所もあり緊張する。まだ、アイゼン不要の情報で車に置いて来て失敗。

f:id:ki1547m:20180403200605j:plain f:id:ki1547m:20180403200633j:plain

 鞍部に出て、やっと北峰に着き三角点と傍に小さなお地蔵さんが立っている。山頂から10分位の所に南峰があり、妙高山大神が祀られていて、こちらの方が高い。神様の祀られている所には三角点は置かれていない。そこからの眺めが素晴らしく、富士山、八ヶ岳北アルプス、御岳山の噴煙まで見えた。

f:id:ki1547m:20180403200652j:plain f:id:ki1547m:20180403200702j:plain

f:id:ki1547m:20180403200722j:plain f:id:ki1547m:20180403200739j:plain

f:id:ki1547m:20180403200808j:plain f:id:ki1547m:20180403200824j:plain

 下りは滑って滑って大変だった。ヒュッテで荷物を背負い、広い湿原をのんびり歩き、高谷池ヒュッテの分岐に出、十二曲がりを過ぎ木道を33分歩きやっと駐車場へ。