北見山岳会/KAC kitami alpine-club

北海道北見市に本部を持つ山岳会のブログです。

火打山(2462m)

◆2014/10/18日(土)晴れ <メンバー>W岡・mi

 火打山(ひうちやま)は、 新潟県糸魚川市妙高市にまたがる山で火山ではなく、堆積して出来た山。信仰の山と言われている妙高山に登りたく、火打山も登る事にした。妙高市に向け車を走らせ、笹ヶ峰高原キャンプ場までの紅葉がとても綺麗だった。あまり車もなく、静かな夜だったが、朝になると沢山駐車していた。

f:id:ki1547m:20180403194811j:plain f:id:ki1547m:20180403195039j:plain

  沢に沿って木道が作られていて、暫らく平坦な道を進む。 黒沢橋を渡ると十二曲がりが始まる。妙高山の分岐があり、そこから左に進み高谷池ヒュッテに向かって進む途中で北アルプスが遥か遠くに見える。ヒュッテ周辺から沼が始まり茶臼山分岐を左に進む。天狗の庭からは火打山、影火打、焼山と続いて綺麗に見える。沼に逆さ火打山が写るが氷が張りゆがんでいる。ライチョウ平からはやや急登になり山頂に着く。

 f:id:ki1547m:20180403195204j:plain f:id:ki1547m:20180403195224j:plain

 目の前に噴煙を上げている焼山、北アルプス妙高山の先端、高谷池、天狗の庭など見晴らしが良い。茶臼山分岐まで戻り、黒沢ヒュッテに向かう。高谷池の分岐までは木道で整備されているが、こちらはヌラヌラな登山道で歩きずらい。

 f:id:ki1547m:20180403195504j:plain f:id:ki1547m:20180403195849j:plain 

  青い8角形の小屋が見えてくる、そこが黒沢ヒュッテで、到着すると庭先で皆がビールを進めてくれる。 小屋じまいが明日で残っているビールを皆に振舞っていた。しかし、期限は昨年の12月までの物だったが美味しく頂く。

 f:id:ki1547m:20180403200147j:plain f:id:ki1547m:20180403200205j:plain

 料金が本に書いてあるより1500円も高く6千円。水は凍って出なく、水なし。トイレも流す事が出来ず、洋便器に○○○やペーパーが乗っている。 水は近くの池まで汲みに行くが、小屋の人は教えてくれない。おまけに自炊は外でしか許されない。唯一ヒュッテの中は八角形で太い檜の柱が使われ3階建てになっていてなかなかオシャレ。