北見山岳会/KAC kitami alpine-club

北海道北見市に本部を持つ山岳会のブログです。

表大雪・安足間岳(2200m)〜ピウケナイ川雪渓から

  • 2014/6/1  ●メンバー y澤・OM  ●タイム 8:19 旭岳P→9:24 c1350担いで通過 9:35→10:24 夫婦池 10:39→12:48 c1840二股 13:02→14:00 山頂 14:28→16:19 P /安足間岳まで5:01 下り1:51 総行動時間8:00

 真っ青な空、サングラスなしでは眩しい陽光。旭岳スキー場に沿って少しづつ標高を上げていく。出だしはヤブだが、すぐに雪は繋がる。 磐の沢を避けBコースに入るとc1350の抜け口が急で狭く、笹に阻まれ難儀した。 上部では姿見駅へは右折だが、直進し夫婦池へと当てた。ここからは登山道より山側をトラバース気味にアップダウンを繰り返し、 裾合平へ向かう。旭北斜面、熊の雪渓などなど市街地からは見えにくい面には雪がたっぷりと残る。

f:id:ki1547m:20180406165235j:plain f:id:ki1547m:20180406165250j:plain

f:id:ki1547m:20180406165310j:plain f:id:ki1547m:20180406165326j:plain

 やがて大塚と中岳温泉が入り口の門かのようにピウケナイ左股の広い渓谷へと進入する。 ここからは別天地で圧倒的に“白”が多い。北鎮への雪渓を右に分けると斜度も増し、安足間東斜面が冬のように一面全部白い。わずか10分で大塚直下まで滑り降りた。徐々に視界に入ってくる十勝連峰が美しかった。  <Y澤>

f:id:ki1547m:20180406165344j:plain f:id:ki1547m:20180406165400j:plain

f:id:ki1547m:20180406165424j:plain f:id:ki1547m:20180406165436j:plain