北見山岳会/KAC kitami alpine-club

北海道北見市に本部を持つ山岳会のブログです。

大雪山系・朝陽山(1370m)~残月峰(1091m) 

  • 2014/4/29(火)   ●参加者 斉・I井・TN・Kei・K原  
  • タイム 登山口7時→パノラマ台8時~8時15分→朝陽山10時~10時半→残月峰11時半~12時→登山口13時

 出発時点では気温低く寒い。硬い残雪と土が出た急斜面をピンクテープを頼りにつぼ足で登る。当初はパノラマ台へ寄る予定はなかったが、時間に余裕あり訪れたことのないメンバーも数人いたため寄り道をする。突然ひらけた眼前の大雪連峰がとても素晴らしく、みんなの歓声とリーダーの「俺のスイス!うぉ~~!」という雄叫びが山にこだまする。

f:id:ki1547m:20180411115135j:plain

           バノラマ台から黒岳、烏帽子岳

 

 ここからもピンクテープとGPS頼りに山頂を目指す。標高1300で疎林で急斜面のためアイゼン装着する。山頂からは、大雪連峰がさらに大きく近くに見え、「本日はここの山が一番!」というリーダーの感想にみんなも大きく頷いている。

f:id:ki1547m:20180411115232j:plain f:id:ki1547m:20180411115246j:plain

      朝陽山への登り             朝陽山山頂

 

f:id:ki1547m:20180411115309j:plain f:id:ki1547m:20180411115325j:plain 

    ニセイカウシュッペ山            愛別岳方向

 朝陽山から残月峰へは地形図の尾根を進んだが、何度も脚がずぼっと落ち、地形図にはない岩山が現れたり、急斜面を後ろ向きで下りたりと予想以上に難儀する。残月峰からの展望は木も多く良くない。 下りは残月峰より、パノラマ台分岐を目指して一気に下り、登山道と合流した。 <TN>