北見山岳会/KAC kitami alpine-club

北海道北見市に本部を持つ山岳会のブログです。

北アルプス 剱岳(2999m)~別山(2880m)/別山尾根コース

 2013/9/21-23   ●Y澤 他4名

 

<1日目>8:40 室堂→9:20 雷鳥平→10:40 別山乗越 11:15→12:10 剣山荘

 室堂は登山者で溢れかえっており、若者の多さが目を惹いた。ここから雷鳥平まで一旦160mほど下り、別山乗越まで475m登り返す。剱御前小舎前のトイレが水洗なのには驚いた。ここからは一歩ずつ剱が大きくなってくる。再び275m下ると剣山荘に到着。室堂との標高差はわずかに+42m。なにせ初日はアップダウンが大きい。

f:id:ki1547m:20180416194012j:plain

f:id:ki1547m:20180416194034j:plain

f:id:ki1547m:20180416194100j:plain

<2日目>6:00 剣山荘→6:30一服剱→7:20前剱→10:35剱岳 10:55→14:15剣山荘

 早朝3時過ぎには、満天の星空の下にヘッデンの光が剱沢から剣山荘を越え、一服剱へと帯をなしていた。前剱を左から巻くとどこかのアトラクションかと思うほどの大行列。この渋滞は『カニのたてばい』を越え山頂まで続き、さらにくだりの『よこばい』が先頭だった。

 「たてばい』で順番待ちをしていると落石がとんできてヒヤッとする場面もあった。『たてばい』は一歩目こそ遠いが、あとは頑丈な鎖と鉄杭で管理されいて、難しくはない。早月尾根分岐を左に分けると間もなく山頂だ。山頂からは高曇りのせいか富士山は見えなかったものの、遙か南に槍の穂先が天をさしていた。

 下り始めると間もなく再び順番待ちの行列。 『よこばい』にはかなり警戒心を持って挑んだが…難しいとされる一歩目には丁寧に”赤丸”がつけられていて、何の心配もない。結局、核心は『渋滞待ちの寒さとイライラ』だった…山荘にもどると、熱いシャワー&生ビール!が待っていた。

 

f:id:ki1547m:20180416194120j:plain

f:id:ki1547m:20180416194133j:plain

f:id:ki1547m:20180416194151j:plain

f:id:ki1547m:20180416194211j:plain

f:id:ki1547m:20180416194233j:plain

f:id:ki1547m:20180416194257j:plain

f:id:ki1547m:20180416194317j:plain

f:id:ki1547m:20180416194333j:plain

f:id:ki1547m:20180416194434j:plain

<3日目>6:45 剣山荘→7:15 剱沢幕営地→8:05 別山南峰→8:10 別山(北峰)→10:10 みくりが池温泉 10:50→11:05 室堂

 ド快晴の朝、帰路に別山を目指す。剱沢幕営地へと歩き出すといつしかガスが上がり始めてくる。別山からは剱に雲がまとわりついている。別山乗越で剱を見納め、雷鳥坂を下る。 雷鳥平からの石畳の登り返しが暑さと疲労できつかった。みくりが池温泉のソフトクリームで生き返り、室堂へとたどり着いた。晴天に恵まれ北海道では味わえない岩主体の登山と雄大な景色にすっかり魅了された3日間であった。

f:id:ki1547m:20180416194351j:plain

f:id:ki1547m:20180416194518j:plain

f:id:ki1547m:20180416194537j:plain

f:id:ki1547m:20180416194557j:plain

f:id:ki1547m:20180416194615j:plain