北見山岳会/KAC kitami alpine-club

北海道北見市に本部を持つ山岳会のブログです。

1181.5m峰 (点名・鹿ノ谷)

●2013/1/5  ●参加者 yoshida・Y澤  

●タイム 7:13 車止め発→8:34 483m赤石林道分岐→9:15 78林班林道分岐→9:54 尾根取り付き(林道最奥部、c650m)→10:38 c832m→11:19 1030m(コルの東)→12:00 頂上 12:09→13:11 林道c650m→13:49 483m分岐→14:42 車止め 


 国道333から広域林道に入り、まもなく左カーブで除雪最終点となり車止めとする。上空には雲が垂れこめ流れも速いが、振り返ると支湧別山塊が朝陽に映える。ときおり突風にたたかれながら、踝程度の重いラッセルで林道を進む。さすがに3時間弱は飽きた。78林班林道を進むと青空も覗き、太陽が眩しい。
 尾根に上がると目指す鹿砦が見えてくる。 疎林で全体に白い印象だ。上空の雲の流れが速い。 c832の上で尾根を乗っ越し右手の沢形へ降りる。この頃にはスッカリ悪天候、風も強い。コルよりもやや本峰よりの斜面に取り付くも徐々に硬くカリカリとなる。西尾根上c1030でシーデポしツボで上がる。白く氷化した雪は表面の数センチほどは硬いが中はサラサラで埋まる。絶えず南からの強風にたたかれながら、山頂へ辿りついた。期待された展望は全くなく、写真数枚をそこそこに下山。沢筋の林に高度を落とし、人心地ついた。
 林道を下ると青空も覗いてくる。車止めにつき、午後の日差しに光る支湧別山塊にホッとした。 <Y澤>

f:id:ki1547m:20180423174046j:plain

f:id:ki1547m:20180423174101j:plain