北見山岳会/KAC kitami alpine-club

北海道北見市に本部を持つ山岳会のブログです。

中愛別山(817.8m)

 ●2012/12/23   ●参加者 Y澤・桂子・栄子   

●タイム 9:08 林道分岐部P→11:36 c782p→12:00 山頂 12:30→12:45 c782p→13:24 P


 この山はパンケ・ペンケメムナイ川沿い林道など南面からアプローチされることが多いようだが、今回は疎林帯のスキー滑降を期待し北面から挑戦した。
 旭川方面-21℃、荷物を車載する段階ですでに手足が痛い。狩布川沿いの林道は除雪されており、取り付き予定地点付近の分岐まで入ることができた。林道側壁をスキーで切り崩し尾根末端に上がる。比較的疎らな尾根を10分交代でのラッセル。概ね膝程度だ。c550を越えると尾根は急斜面へと吸収され、左方(東)の北尾根へと徐々に進路を向ける。このころから爆音が下方から響きだす。尾根の左の沢形は超疎林の垂涎斜面が広がっており帰りが楽しみだ。喜んだのもつかの間、あっという間にSM集団によってズタズタ…緩く広々としたc782、雪の降り方が強くなってくる。進路を南東にとり緩く下り、こんもりとした山頂へと登り返す。案外狭い山頂。南面はスッパリと落ち込んでいる。シールをはずし斜面に飛び込むもすぐにとまってしまう…c782からは少し楽しむことができた。しばしば下りラッセルしながらも1時間弱で無事に車へと帰りつくことができた。 <Y澤>

f:id:ki1547m:20180424161236j:plain f:id:ki1547m:20180424161254j:plain

f:id:ki1547m:20180424161317j:plain f:id:ki1547m:20180424161334j:plain