北見山岳会/KAC kitami alpine-club

北海道北見市に本部を持つ山岳会のブログです。

東北山巡り~白神岳 (1232m)~

●2012年10月8日(月)晴れ ●参加者 信&mi 

・コース:往路 蟶山コース(3時間30分)復路 二股コース(2時間50分)


 夕方駐車場に着きテント泊とする。既に何台かの車中泊組と、テントを張り宴会が始まっているパーティーがあり、次第に私たちも知っている歌を歌い始めていた。やはり中高年の人達だった。駐車場の上には無人の宿泊できる綺麗な山小屋、トイレがあった。テントを建てる前に気づくと小屋泊まりになったのに残念。森の中を進んでいくと、巨大なブナや柏の木、栗の木、栃の木など素晴らしい。

 登山道の周辺には猿がいたが、すぐに逃げて行った。山頂まで背の低い柏の木がありどんぐりがなっていた。山頂からの展望は良く、鳥海山まで見えた。(と、思う)下山はコースを変えて二股コースを降りたが、急勾配で水が流れ登山道が深くえぐられ、岩盤が露出しどんぐりが沢山落ちていた。どんぐりコロコロと歌いたくなるような転がりで、太いロープがフィックスされそれを頼って降りた。下のほうでは栗の実の皮だけが落ちている。良く見ると所々に実も落ちている。多分、お猿さんたちの食べ残しではないかと思われ、おこぼれを拾い集め世界遺産の栗ご飯を頂いた。小粒だったがほんのりあまい栗ご飯は美味しかった。登山道以外は山は崩れているところもなく、広葉樹が山を守っている。しかし、紅葉はまだ早かった。

f:id:ki1547m:20180425140626j:plain f:id:ki1547m:20180425140639j:plain

f:id:ki1547m:20180425140653j:plain f:id:ki1547m:20180425140707j:plain

f:id:ki1547m:20180425140723j:plain f:id:ki1547m:20180425140735j:plain

f:id:ki1547m:20180425140753j:plain f:id:ki1547m:20180425140805j:plain