北見山岳会/KAC kitami alpine-club

北海道北見市に本部を持つ山岳会のブログです。

874m峰 (点名・椴長根) & 749.6m峰 (点名・小高山)

●2011年10月17日(月) 小雨後曇り    ●メンバー yoshida・kei
 ◆874.4m峰 (椴長根・とどながね 3等三角点) ・登り1時間 下り40分
 北見富士夏季登山口に通じる「厚松橋」を過ぎて間もなく、Y線林道が左側から交差する。ここからcot.593mの橋を渡ったところで車止め。小雨の中、合羽を着て崩壊した林道を10分ほど歩く。途中の林道から、層雲峡のを小さくしたような大岩壁が左右に広がっているのを見えるが、ゲレンデとして使用するには脆そう。ほどなく西面の斜面に取り付く。ヤブが薄くて歩き安いが、ひたすら急な登りでなかなかきつい。稜線に上がり右に向かって高いところをめざすと、こけむした三角点が見つかった。木に囲まれ視界は悪い。

  f:id:ki1547m:20180510113301j:plain  f:id:ki1547m:20180510113325j:plain

車止めから崩壊した林道を歩く(左)  椴長根頂上の三等三角点(右)

 

 ◆749.6m峰 (小高山・ 4等三角点)   ・タイム 登り45分 下り35分
 同じ丸瀬布へ行く道を北見方面に少し戻る。厚松橋近くの開けた場所から登り、笹を掻き分け山に取り付く。紅葉が調度見ごろ、足元も赤や黄色の落ち葉が絨毯のようにきれいだった。途中エゾリスに遭遇。何箇所か作業道跡が横切っている。ヤブはひどくないが倒木が多い。登りきると広めの山頂で景色もこちらの方が良かった。肝心の三角点が中々見つからず、落ち葉を掻き分けながら探すとこんなはずれに?10分くらい探してようやく見つかった。こちらはきれいな三角点だった。 <kei>

f:id:ki1547m:20180510113441j:plain f:id:ki1547m:20180510113458j:plainf:id:ki1547m:20180510113516j:plain

舗装路から望む小高山(左) 真っ赤に染まった紅葉(中) 山頂の南側あった三角点(右)